粂川内科医院

東川口 内科なら【 川口市の 粂川内科医院 】

〒333-0811 埼玉県川口市戸塚2-23-6
TEL 048-294-6833

 

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

川口市感染症情報

高血圧症について

高血圧とは

心臓のポンプ作用により血液は全身の血管に送り出されます。この血液が血管の壁に与える圧力のことを血圧といいます。心臓が収縮するときの血圧が最も高く、これを収縮期血圧といいます。逆に心臓が拡張するときの血圧がもっとも低く、これを拡張期血圧といいます。収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上を高血圧と診断します。

▲ページTOPへ

 

なぜ高血圧になるの?

高血圧の約9割は原因がはっきりしないので「本態性高血圧」といわれてきました。しかし、その発症には遺伝的素因よりも食生活や運動不足・ストレスなどの環境要因が関係していることがわかってきました。親が高血圧だと高血圧になりやすい体質は遺伝しますが、高血圧が遺伝するのではないのです。つまり、生活習慣に注意することで高血圧を予防することができます。

▲ページTOPへ

 

高血圧になるとどうなるの?

血圧が高い状態が続くと血管の抵抗が大きくなるので、心臓から血液を送り出しにくくなります。その抵抗に打ち勝つために、高い圧力で血液を送り出す必要が出てくるため、筋肉で作られた心臓の壁が分厚くなります(=心肥大)。
同時に血管にも強い圧力がかかるので、血管は高い圧力に対応するため厚く、硬くなり動脈硬化が進みます。その結果、心筋梗塞や脳卒中・腎不全などを起こすリスクが高くなります。

▲ページTOPへ

 

なぜ治療が必要なのですか?~生活習慣病が集まるとリスク増加~

高血圧を放置すると脳卒中や心筋梗塞などのリスクが増加します。
高血圧は糖尿病・高脂血症・喫煙とともに動脈硬化のリスクとなります。何も自覚症状がなくても血圧が管理不十分であると脳卒中や心筋梗塞などの病気を引き起こすことがあります。
高血圧治療の目的は、脳や心臓への障害を予防し、その進行を抑えることです。

▲ページTOPへ

 

どんなひとが高血圧になりやすいのですか

濃い味が好き
運動不足
喫煙者
ストレスが多い など

▲ページTOPへ

 

高血圧といわれたら、またはリスクが高い場合は何に気をつけたらいいのですか

塩分摂取を控える
塩分を摂りすぎるとそれを薄めるためにも体は血液中の水分を増やします。その結果、血管にかかる圧力が高くなる=高血圧になります

適度な運動を継続しましょう
血流が良くなり、血管が広がって血圧が下がり易くなります。また、肥満やストレスの解消につながります

体重が多い人は減量しましょう
肥満がある場合は減量するだけで血圧が下がることも多いです。現在肥満がなくても食べ過ぎないようにしましょう

血圧を下げる働きのあるカリウムを多く含む野菜や果物を摂取する
但し腎機能が低下していたり、高K血症の方はカリウムを控える必要があります。主治医の指示に従って下さい

入浴時は ぬるめ(40度くらい)のお湯にする・長湯はしない・寒い季節は脱衣所や浴室を温めるようにするなどを心がけて下さい

睡眠時間は十分にとりましょう
睡眠不足だと疲労やストレスがたまり、血圧が上昇することもあります。

禁煙しましょう
喫煙は高血圧・糖尿病・脂質異常症とともに心臓病の危険因子の1つです。
喫煙は血管を傷つけて動脈硬化を進ませるほか、血管を収縮させます。

▲ページTOPへ

 

減塩するとなぜ健康によいの?

減塩によって血圧が下がり、降圧剤がより良く効くようになります。
特に塩分摂取量の多い日本人では減塩の降圧効果が大きいと言われています。
その結果、動脈硬化の進行を遅らせたり、蛋白尿を減らすなどの効果が期待できます。また、塩分の摂りすぎは胃がんになりやすいというデータもあります。

▲ページTOPへ

 

どのくらい塩分を減らせばいいのでしょう?

もともと、日本人は欧米人と比べて塩分摂取量が多く、現在日本人の塩分摂取量は平均で1日11-12g程度と言われています。一方、高血圧・腎臓病・心臓病の方の1日の摂取量の目標は5-6g未満(主治医の指示に従って下さい)ですので、約半分に減らす必要があります。なお、塩分6g=食塩小さじ1杯分に相当します。

▲ページTOPへ

 

減塩は高血圧になってから取り組めばいいですか?

高血圧になる前から塩分制限を行う事は高血圧発症予防につながります。特に高血圧の家族歴の強い方では、血圧上昇前からの減塩が推奨されています。
また、小さいときから薄味に慣れておけば、加齢による血圧上昇を抑えて高血圧になるリスクを減らすことができると言われています。(加齢とともに血圧は上昇する傾向にあり、2006年の国民健康栄養調査では日本人では40-74歳のうち、男性は約6割・女性は約4割が高血圧と言われています。なんと、70才以上になると男女とも7割以上が高血圧になっているそうです!!)

▲ページTOPへ

 

減塩のコツを教えてください

汁ものは1日1回までにする。お味噌汁は具だくさんにすることで、汁が少なくて済みます。

うどん・蕎麦・ラーメンなどの麺類は汁をできるだけ残す。これだけでも2g程度減塩できます。

加工食品を減らし、なるべく旬の新鮮なものを選びましょう
旬のものは食材そのものの味が強く、おいしく頂けます。
例えば塩鮭(一切れ塩分2.5g)→生鮭(一切れ塩分1g)に変えるなど

かんきつ類やレモン・お酢などの酸味・香りなどをうまく利用する

お醤油やソースなどは直接かけるのではなく小皿に入れて、つけて食べるようにする

意外に塩分の多い食品を知っておく
パンや練り物(ハムやかまぼこなど)は、あまり塩味を感じませんが、6枚切り食パン1枚につき0.8g程度の塩分を含んでいます。
一方、お米には通常殆ど塩分がありませんので、洋食でも選べるならばパンよりもライスの方が減塩には良いです。

外食時は丼物や麺類のような単品よりも定食スタイルを選ぶこと
丼物は味付けがお米にしみ込んでいますし、麺類は汁に多く塩分が含まれています。
また、単品よりも定食スタイルの方が栄養バランスを取り易くなります。かつ丼よりはとんかつ定食へ、天丼よりは天ぷら定食へ!!

食べ過ぎないこと
「塩分控えめ」「減塩」など様々な表示がありますが食品のナトリウム量をチェックすることが大切です。食塩はナトリウムの2.5倍に相当します(例えば食品にナトリウム200mg含有であれば200×2.5=500mg=0.5gの塩分が含まれています)。
塩分控えめや減塩表示がある食品でも食べすぎれば摂取量は多くなりますので気をつけて下さい。

▲ページTOPへ

 

正しい血圧測定方法

☆家庭血圧計は取扱説明書をよく読んで使用してください

☆運動直後や食後1時間以内・入浴直後・喫煙直後・アルコールやカフェインを摂取した直後は血圧測定には不向きです。

☆基本的には朝・寝る前の2回/日測定をしましょう。

①座って数分安静にする。腕が出やすい服装で測ります。

②血圧計のカフ(腕に巻く帯)の空気を完全に抜く。
カフに空気が入っていると正確に測定できません。

③ひじの少し上にカフを巻く。
カフの位置が心臓と同じ高さになるようにします。
正座や足を組んだ状態では正確にはかれませんので注意して下さい。

④スイッチを押して測定します。2回測定した場合は平均値を記録して下さい。
測定中は会話をしないようにします。
血圧は様々な要因で変動するため、1回の測定値で一喜一憂せず、普段の血圧を続けて測定し、傾向をつかむようにしましょう。

▲ページTOPへ